製造業の動向

 2021年にかけ、東北6県の季節調整済鉱工業生産指数は前年の新型コロナウイルス感染症の影響により急激に下落した後、持ち直しており、2021年第2四半期は100.2となっている。
 東北6県の鉱工業生産指数を主要品目別に見てみると、食料品工業は概ね横ばいで推移している。一方、電子部品・デバイス工業は高水準で推移している。輸送機械工業、情報通信機械工業は新型コロナウイルス感染症の影響で大きく落ち込んだ後、持ち直しているが、2021年第2四半期は減少している。

鉱工業生産指数(全体)の推移(2015年基準)(東北6県)

資料:経済産業省「鉱工業生産指数」

(最終更新日:2021年8月18日)

鉱工業生産指数(品目別)の推移(2015年基準)(東北6県)

資料:経済産業省「鉱工業生産指数」

(最終更新日:2021年8月18日)