公益財団法人 東北活性化研究センター

報告書検索

平成30年度事業 【自主事業】
東北地域における女性起業家ネットワーク構築支援事業

イベント・セミナー平成30年度地域活性化広域・産学官金連携雇用・働き方

[事業目的]

東北6県と新潟県において、地域や業種を超えた女性のネットワーク構築を支援する。

また、当該地域における女性の社会参画への意識向上を図り、大震災からの復興や地域活性化への主体的な行動を起こすきっかけを提供する。

毎年、仙台市と山形市で交互に開催しており、平成30年度(第13回)は山形市で開催した。

[進め方]

下記の事業体制により開催した。
主催
公益財団法人東北活性化研究センター、みやぎ・やまがた女性交流会機構

後援
宮城・山形未来創造会議(宮城県、山形県、仙台市、山形市、宮城県商工会議所連合会、山形県商工会議所連合会、一般社団法人東北経済連合会)

協賛
ホテルメトロポリタン山形

[概要報告]

当センターの企画・自主事業として、平成31年2月2日(土)に山形市内で「地域を超えてチャレンジする みやぎ・やまがた・ふくしま女性の交流会」(第13回みやぎ・やまがた女性交流会)を開催した。今回は、宮城・山形・福島の一般女性のほか、女子高校生・大学生33名、オブザーバーとして男子高校生・大学生11名の参加のもと、約120名が県境や世代を超えて交流を深めた。

当日は、清野伸昭 山形県商工会議所連合会会長、村井嘉浩 宮城県知事、佐藤孝弘 山形市長より応援メッセージを頂戴した。また、第2部昼食交流会では、吉村美栄子 山形県知事も参加され、応援メッセージを頂くほか、山形県産の食材や、米の新品種「雪若丸」を使った料理、芋煮汁等の郷土料理を味わいながら交流を深めた。

テ ー マ
「今こそ広げよう!地域をつなぐ、世代をつなぐ真のネットワーク」

日  時
平成31年2月2日(土)10:30〜15:30

会  場
ホテルメトロポリタン山形

参加者数
約120名

内  容
第1部 パネルディスカッション:
「今こそ広げよう!地域をつなぐ、世代をつなぐ真のネットワーク」

第2部 昼食交流:
山形県産食材等を使ったビュッフェランチ

第3部 分科会交流:
6つの分科会で参加者が意見交換

[情報発信]

  • 河北新報掲載(平成31年1月9日、2月3日)
  • 山形新聞掲載(平成31年2月3日)

[報告書]

第13回 みやぎ・やまがた女性交流会
地域を超えてチャレンジする みやぎ・やまがた・ふくしま女性の交流会

(PDF:1.16MB/2ページ)

東北・新潟のキラぼし by 東北活性研 Facebook

東北・新潟のキラぼし by 東北活性研 facebook

東北・新潟のキラぼし by 東北活性研 Twitter