公益財団法人 東北活性化研究センター

報告書検索

平成27年度事業 【自主事業】
東北地域における女性起業家ネットワーク構築支援事業

イベント・セミナー地域活性化広域・産学官金連携雇用・働き方平成27年度

[事業目的]

東北6県と新潟県において、地域や業種を超えた女性のネットワーク構築を支援する。

また、当該地域における女性の社会参画意識の向上を図り、大震災からの復興や地域活性化への行動を起こすきっかけを提供する。毎年仙台市と山形市で交互に開催しているが、今年度(第10回)は仙台市で開催した。

[進め方]

下記の事業体制により開催した。
主催:
公益財団法人東北活性化研究センター
みやぎ・やまがた女性交流機構

後援:
宮城・山形未来創造会議(宮城県、山形県、仙台市、山形市、宮城県商工会議所連合会、山形県商工会議所連合会、一般社団法人東北経済連合会)

協賛:
ホテルメトロポリタン仙台、株式会社シベール、株式会社東北萬国社、高島電機株式会社、株式会社会津地鶏ネット、JA福島中央会 穂波街道緑のイスキア

[概要報告]

当センターの企画・自主事業として、平成28年2月7日(日)に仙台市内で「第10回みやぎ・やまがた地域を超えてチャレンジする女性の交流会」を開催した。今回はこれまでの山形・宮城両県の女性に加え、福島県からも25名の参加者があり(全参加者106名)、南東北3県の女性の交流会となった。

当日は、村井嘉浩宮城県知事、吉村美栄子山形県知事、間庭洋仙台商工会議所専務理事、森まさこ参議院議員より応援メッセージを頂戴した。また、第2部昼食交流では、特に、株式会社会津地鶏ネット、JA福島中央会の全面的なご協力により、福島県産の優れた食材が豊富に提供され、ホテルメトロポリタン仙台のシェフたちによる、和洋中の料理やデザートが提供されて、参加者から大変好評であった。

テーマ:
ふくしまと共に未来に向けて発信

日 時:
平成28年2月7日(日)10:30〜15:30

会 場:
ホテルメトロポリタン仙台

参加者数:
106名(定員100名のところ、事前申し込みが締め切り前に120名以上となり、予定より早く申し込みの受付を中止した。山形県47名、宮城県34名、福島県から25名の参加があった。)

内 容:
第一部 パネルディスカッション 〜女性の力でつくる東北の未来 〜
第二部 昼食交流 森まさこ参議院議員、JA福島中央会川上雅則常務理事よりご挨拶
第三部 分科会交流 7つの分科会(10班)で参加者が意見交換。

[情報発信]

< 記事掲載 >

  • 河北新報(2016年2月22日)
  • 福島民報(2016年2月8日)
  • 福島民友(2016年2月9日)
  • 山形新聞 (2016年2月8日)
  • 日本農業新聞(2016年2月9日)

< メディア掲載 >

  • 山形テレビ放映「提言の広場」(2016年2月20日7:30〜8:00)〜女性の力で新しい東北を〜

[報告書]

第10回みやぎ・やまがた 地域を超えてチャレンジする女性の交流会 (PDF:865.82KB/2ページ)

東北・新潟のキラぼし by 東北活性研 Facebook

東北・新潟のキラぼし by 東北活性研 Twitter