経営体・従業者

 担い手の状況については、農業と同様に就業者数の減少が続き、1968年には10.0万人であった就業者数は、2018年では2.5万人と実に4分の1の水準まで落ち込んでいる。また、担い手の高齢化も深刻な状況にある。

漁業経営体・就業者数の推移

資料:農林水産省「漁業センサス」

(最終更新日:2021年5月27日)

漁業就業人口の年齢構成

資料:農林水産省「漁業センサス」

(最終更新日:2020年12月9日)