産出額・産出構造

 東北圏の水産業産出額は1980年代前半をピークとして減少傾向にある。特に東日本大震災では大きな被害を受け、2011年には過去最低の1,398億円と前年比661億円の減少となった。生産施設の復旧などにより2019年は1,960億円と、2年連続の減少となったが、ほぼ震災前の水準まで回復している。
 東北圏の海面漁業生産の全国シェアは17%であり、養殖業の同シェアは10%であるが、魚種別に見ると全国で高いシェアを持つ品目も多い。海面漁業では、まぐろ・かじき・さめ・さんま等が目立っている。また、養殖業では、ぎんざけ・ほたてがい・ほや・わかめが高いシェアを有する品目である。

漁業産出額の推移

資料:農林水産省「漁業産出額」

(最終更新日:2021年5月27日)

海面漁業産出構造

漁業生産構造 イメージ
(最終更新日:2021年5月27日)

海面養殖業産出構造

養殖業生産構造 イメージ
(最終更新日:2021年5月27日)