東北圏オンリーワン企業紹介

株式会社髙橋工業

分厚い鉄を加工する造船技術により 建築に独創的デザインを実現

外観写真
所在地 宮城県気仙沼市波路上内沼38-4
設 立 昭和60年6月10日
資本金 2,000万円
代表者 髙橋 和志
従業員 10名
電話番号 0226-27-3943
URL http://www.takahashikogyo.com

企業紹介

  • 長年培ってきた造船技術を活かし建築分野に進出。技術的・コスト的に困難とされる三次元による独特なデザインや構造を実現。
  • 複雑な曲面鋼板構造物・立体意匠構築物などを設計から製作・施工まで一貫体制によって取り組む。
  • 建築家やデザイナーの要求に応える高い技術力によって商業・公共施設や一般住宅、オブジェまで数多くの施工実績を積み重ね、各種の建築デザイン賞を受賞。(初期の受賞作:リアスアーク美術館、せんだいメディアテーク、ランバンブティック銀座店)
  • 主な事業内容は、造船技術と建築を融合する建築・意匠事業、その他事業など。COR-TEN鋼商品を展開する製品ブランド「さ美」を設立。

事業・商品の概要

IRON HOUSE 神田シアタービル さ美製品
【IRON HOUSE(東京都世田谷区)】
  • 外観や内観の各所にCOR-TEN鋼(新日鐵住金(株)が製造する表面の錆が保護膜となり内部まで腐食しない耐候性鋼板)を利用。COR-TEN鋼の保護性錆の色が時間の経過と共に変化し、自然と調和し溶け込んでいく。一見相反する要素と思われがちな、「鉄」「水」「緑」の調和を実現。
【神田シアタービル(劇場・映画館のコンプレックス)】
  • 建物の直面する形態制限や雨・汚れなどの問題を意匠・構造・ディテールの一体化によって解決。
【さ美】
  • 独特の色合いと耐候性をもつCOR-TEN鋼を素材とするインテリア関連製品。ガーデニングはもちろん室内の装飾品としても魅力的な存在感を演出。またCOR-TEN鋼を使ったオリジナル作品の製作にも対応。

企業の将来像

  • 造船技術を確固たるベースとして事業ドメインのシフトを図り、異業種分野の建築との融合を実現。主体性をもってチャレンジすることが自社に新たな価値を生み出し、明日の未来を切り開く道筋となる。日々、情熱と忍耐をもって仕事に取り組み、常に独創的で斬新な作品を発信し続けたい。
  • 国内だけでなく海外での事業展開を視野にニューヨーク、ロンドン、台湾の3ヶ所に拠点を設け、世界に名だたる企業を目指す。

新事業・新商品開発可能性※システム・インテグレーション株式会社の監修による。

いま見えている姿■ 建築工事業/板金、金物工事業/特殊設備工事業(築炉、絶縁、昇降機等)/広告業:鋼製構造物,船舶の技術を生かした建築物やプラントなど/建築物の特殊装飾/オブジェの製造 さらなる広がり■ 板金、金物工事業/建築工事業/危機管理(防災)セキュリティ業:津波シェルターハウス,外観はニューデザインの住宅で、津波にも耐えて浮く住宅/防災住宅,不燃化すれば大火にも耐えるシェルターになり、土石流にも耐える住宅 鉄道、船舶、航空機製造業:ハウスボート,ヨーロッパには運河や河川に住宅として使われているハウスボートがある,日本の河川や港湾に停泊して使うハウスボートを提供

知的財産(主な特許・ノウハウ・ライセンスなど)

商標
  • さ美(日本、登録第5743883号)
  • さ美(中国、登録第01771147号)
表彰・受賞歴
  • (一社)東京建築士会「住宅建築賞金賞」(2008年)
  • 経済産業省中小企業庁「元気なモノ作り中小企業300社」(2008年)
  • 日本建築学会「作品賞-IRON HOUSE」(2011年)
  • 「第4回ものづくり日本大賞優秀賞」(2012年)
  • 日本建築家協会「日本建築大賞」(2013年)
  • 日本建築学会「作品選奨-竹の会所」(2014年)
資格・認定
  • ISO9001取得(2001年)

印刷はこちら(PDF)