東北圏オンリーワン企業紹介

石村工業株式会社

楽しいものづくりで明るく豊かな地域づくりに貢献

外観写真
所在地 岩手県釜石市大平町4-2-1
設 立 昭和34年12月25日
資本金 2,000万円
代表者 石村 眞一
従業員 25名
電話番号 0193-22-3641
URL http://www.rnac.ne.jp/~ishimura/

企業紹介

  • 創業以来、釜石市内の大手製鉄所の設備補修等を専業としていたが、平成元年に高炉休止となり、事業転換。
  • 「自社製品を持たなければ生き残れない」と奮起し、薪・ペレット兼用ストーブ「クラフトマン」や高速ワカメ攪拌塩蔵機「しおまる」を独自技術により開発し、特許取得。
  • 東日本大震災の津波では、大きな被害を受けたものの、いち早く操業を再開し、事業を継続している。

事業・商品の概要

クラフトマン、しおまる、ゴロン太
【木材燃焼ストーブ】

■ペレット・薪兼用ストーブ(クラフトマン)

  • 木質ペレットと薪の両方を燃やせるストーブ。
  • 電気は使わない。

■丸太ごと燃やせる長時間燃焼強力薪ストーブ(ゴロン太)

■ビニールハウス用チップ・薪兼用暖房機(フィーボ)

【高速撹拌塩蔵・脱塩装置(しおまる):野菜・総菜用】
  • 野菜(大根、きゅうり等)の古漬原料を3日で塩蔵。また、脱塩は1日で可能。
  • 総菜原料(ニンニク、ザーサイ、メンマの塩漬原料)を短時間で脱塩。
  • 平成27年度科学技術分野の文部科学大臣表彰を受賞。

企業の将来像

  • 現在製造しているペレットストーブや農業用木質燃料暖房機で温水を作り、その温水を活用する温水ボイラーや冷却機を開発するなど、持続可能な社会実現に向けた総合的なバイオマスエネルギー製品メーカーを目指す。
  • 更に、水の電気分解技術を活用した電解水素水製造装置を活用して、魚の鮮度を長期間保持する商品の開発にも取組んでおり、農業・水産業に役立つ製品づくりを通じて、地域の復興に貢献する。
  • 今後は、同装置を応用した美容や健康に役立つ商品の製造にも挑戦していく。

新事業・新商品開発可能性※システム・インテグレーション株式会社の監修による。

石村工業
いま見えている姿■ 農業(耕種)/生活・文化活動支援サービス業/漁業:ストーブ「クラフトマン」薪、ペレット兼用の意匠性に富んだストーブ 丸太ごと燃やせる「ゴロン太」も製造/わかめ塩蔵機「しおまる」高速で高品質の塩蔵わかめを加工、製造コスト削減も さらなる広がり■ ボイラ、原動機製造業/舗装工事業:間伐材を熱源にする融雪システム間伐材を燃料にする温水器を活用する融雪システム玄関先や駐車場に敷設するだけで工事無用の融雪システム/産業用機械製造業:わかめ塩蔵機「しおまる」を、野菜の漬物等の塩蔵・脱塩用として拡販する/電気機械器具製造業/空調機器、冷暖房装置製造業/電気、水道、ガス業/簡易コージェネシステム 間伐材利用の熱源から始まる、スターリングエンジン発電機を利用した3kw/hくらいのコジェネ装置
/農業用冷凍機 間伐材を熱源とする吸着式冷凍機。冷媒は水なので環境にもよく安心・安全

知的財産(主な特許・ノウハウ・ライセンスなど)

特許
  • 海藻の迅速塩漬方法および該塩漬方法により製造した塩蔵海藻(特許第4457355号)
  • 冷凍品の解凍装置(特許第5585158号)
実用新案
  • 薪ストーブ(登録第3157839号)
意匠
  • ストーブ(登録第1389625号)
商標
  • クラフトマン(登録第5237296号)

印刷はこちら(PDF)

関連リンク