東北圏オンリーワン企業紹介

遠藤工業株式会社

ゼンマイの力で工具などを無重力化し製造現場の負担を軽減

外観写真
所在地 新潟県燕市秋葉町3丁目14番7号
設 立 昭和10年5月
資本金 6,000万円
代表者 遠藤 光緑
従業員 195名
電話番号 0256-62-5131
URL http://www.endo-kogyo.co.jp/

企業紹介

  • 産業用の機器・機械メーカー。工場の生産ラインなどで欠かせないスプリングバランサーやエアホイストなどを製造。溶接機や工具の懸垂に使われるバランサーでは国内シェアの90%超を握る。
  • また、移動体・回転体へスムースに電気を供給する技術を有し、クレーンや搬送台車・舞台照明などに使われるケーブルリール、電力や信号を通信機器などへ伝えるスリップリングを製造。
  • 環境関連の分野では、多種多様なものを粉砕・破砕処理する各種破砕機を取り揃え、ゴミ処理施設やリサイクル施設、一般工場で使われている。

事業・商品の概要

スプリングバランサーとその断面 ケーブルリールとその使用例 破砕機とその使用例
【荷役機器】
  • スプリングバランサーは内蔵する渦巻きゼンマイの力を利用して、吊下げ物を任意の位置で保持するもの。工具を懸垂すれば作業者の負担が大幅に軽減される。エアホイスト、エアバランサーは圧縮空気を利用し搬送・運搬の助けに。
【給電機器】
  • スプリングやモーターの力でケーブルを自動で巻取るケーブルリールは、屋内用超小型から製鋼所や港湾で使われる大型機までラインナップ。最近では船舶搭載用も新たに開発、船のアイドリングストップを可能にし、環境問題に貢献。
【環境機械】
  • 小型二軸、大型二軸、一軸の3シリーズの破砕機を製造。破砕物の素材、粒度、処理量により最適な機種を選定できる。破砕室や架台寸法、ホッパー形状、刃の材質などを変更できるので、柔軟なカスタマイズが可能になっている。

企業の将来像

  • 企業活動は、環境と経済のバランスを取っていくとともに、安心で安全な社会をめざしていかなければならないと考えている。
  • イノベーションの進むこれからの生産現場では、作業者にフレンドリーな次世代の荷役機器や、リサイクルプラントの様々な要求にマッチする破砕機などのニーズがあると考え、さまざまな研究開発にも注力している。今後もお客さまにとって存在価値のあるメーカーを目指す。

新事業・新商品開発可能性※システム・インテグレーション株式会社の監修による。

いま見えている姿■ 産業用機械製造業:荷役機器,スプリングバランサー/給電機器,小型から大型までのケーブルリール回転体へ給電するスリップリング 通信機器、信号装置製造業/電気機械器具製造業/プラント製造業:環境機械,産業廃棄物など環境対応破砕装置 水運業:停泊船舶への給電装置,港湾に停泊中の船舶に、陸上から電力を供給するケーブルリール さらなる広がり■ 福祉機械器具製造業/医療機械器具製造業/玩具、楽器、スポーツ用具/事務用品、装身具製造業:リハビリ用歩行訓練装置,バランサーを利用した歩行訓練装置/高齢者用筋力増強装置,高齢者や障がい者、リハビリで使う筋力増強装置 電気機械器具製造業/圧縮ガス、液化ガス製造業/建設機械,鉱工業用機械製造業/産業用機械製造業:バイオガスプラント用破砕装置,バイオガス発生用材料の微細化装置 金属加工機、治具製造業/機械部品(バルブ、軸受、ネジ等)製造業/自動車部分品、付属品製造業/生活雑貨製造業:ゼンマイアクチュエータ,ゼンマイの復元力を利用する動力装置/ドアクローザー,ゼンマイの復元力を利用するドア開閉機/大型ドアスライドバランサー,飛行機の格納庫や大型倉庫の扉に取り付ける、大型ドアスライドバランサー

知的財産(主な特許・ノウハウ・ライセンスなど)

特許
  • エアバランサー(特許第5460021号)
  • スリップリング装置(特許第5094471号)
  • モータ付きスプリングバランサー、自動懸垂装置(特許第6058510号)
  • 張力発生装置(特許第6027845号)
  • 自走式台車(特許第6058417号)

印刷はこちら(PDF)