東北圏オンリーワン企業紹介

竹井機器工業株式会社

学術的アプローチで健康増進・QOLの向上を図る機器を製造

外観写真
所在地 新潟県新潟市秋葉区矢代田619番地
設 立 昭和27年10月
資本金 7,000万円
代表者 高頭 静夫
従業員 98名
電話番号 0250-38-4131
URL http://www.takei-si.co.jp/

企業紹介

  • 日本で初めての心理学実験機器メーカーとして創業。実験・測定機器のメーカーとして培ったノウハウを応用し、運転適性検査機器、視線を分析する眼球運動測定器、握力計や前屈計などのスポーツテスト機器などの計測機器を製造。
  • 計測したデータに基づく科学的なトレーニングが行える機器を製造。幼児から高齢者まで幅広い層のニーズに応える。
  • 産学連携に積極的に取組み、学術的な理論とデータに基づく機器やシステム・サービスの提供に定評がある。

事業・商品の概要

運転適性検査器CG400 Talk Eye Ⅲ スマートトレーナー
【運転適性分野】
  • コンピュータシステムによるCRT運転適性検査器を開発し、各都道府県警察の運転免許センターにおける講習の一環として採用されている。また、高齢者講習の一環として運転適性検査の実施が義務付けられ、全国の指定自動車学校を中心に運転適性検査器CG400が導入されている。
【眼球運動測定分野】
  • 複雑な目の動きを精密にとらえることができる眼球運動測定器を開発。「何を見ているのか」という心理・認知学的アプローチの研究手段としても活用される。最新の画像処理技術や無線技術を応用したTalk Eye Ⅲは、小型・軽量でポータブルな眼球運動測定器。
【健康増進・介護分野】
  • 体力測定の分野で培ったノウハウを最大限に活かし、大手電機メーカーと共同でスマートトレーナーを開発。筋力トレーニングから有酸素運動まで、利用者の特性に合わせたトレーニングを可能とする。
  • また、高齢者の体力向上、介護予防、QOL(Quality of life)の向上を目指し、下肢運動訓練機「健歩くん」、口腔機能測定器「健口くん」等を開発。

企業の将来像

  • 企業理念として、人間の心と体を科学的に捉え、学術研究に基づいた製品を提供することとしている。
  • 今後も、人間の生理的・心理的特性を探求したサービスを提供し、より多くの人々の生活環境がより快適になるようサポートしていく。
  • 人間工学に根ざしたモノ創りは当社の事業起源であり、当社の製品やサービスが少しでも学術や社会の発展に寄与できるよう努めていく。

新事業・新商品開発可能性※システム・インテグレーション株式会社の監修による。

いま見えている姿■ 玩具、楽器、スポーツ用具製造業/精密機械,分析機器,理化学機械製造業:運転適性検査装置,コンピュータシステムによる運転適性検査装置/眼球運動測定装置,認知学的アプローチの研究用システム/高齢者健康増進器,高齢者の体力向上や介護予防を支援する装置/口腔機能測定装置 さらなる広がり■ 医療機械器具製造業/精密機械、分析機器、理化学機械製造業/玩具、楽器、スポーツ用具製造業:運動能力判定装置,スポーツマンの眼球運動や瞳孔を測定して、その人の運動能力を判定する/運動適性判定装置,スポーツの種類によってその人に適性があるか判定する装置/居心地判定装置,身体の挙動や眼球の動きによって、その人の居心地や精神的な安らぎ度合いを判定する

知的財産(主な特許・ノウハウ・ライセンスなど)

特許
  • 眼球運動検出装置(特許第3489107号)
  • トレーニングシステム(韓国特許10-1337089)
表彰・受賞歴

精密工学会北陸信越支部技術賞(2012年度)
(磁気粘性流体ブレーキを用いた筋力トレーニングロボットの開発)

印刷はこちら(PDF)