東北圏オンリーワン企業紹介

株式会社悠心

鮮度を保持する画期的な液体容器を開発

外観写真
所在地 新潟県三条市柳川新田964番地
設 立 平成19年7月
資本金 9,360万円
代表者 二瀬 克規
従業員 18名
電話番号 0256-39-7007
URL http://www.dangan-v.com/

企業紹介

  • 液体包装分野を中心に事業を展開。液体容器及び液体容器の製造システムの研究・開発を行う。
  • 同社が開発したアンプルカットは液体包装容器の使いにくさを解消、開封しやすく注ぎやすい形状の新しい容器として業界の標準となる。
  • 2009年には内容物の劣化を防ぐ新型液体容器PIDの開発に成功。PIDは開封後も空気が侵入しないことから食品の酸化を防ぐことができ、長期保存に適する。

事業・商品の概要

事業・商品の概要のイメージ
【DANGAN】
  • 液体・粘体用高速高精度な自動充填機。非接触式縦外れセンサー、シール圧力のフィードバック制御等の最新技術を搭載し、高生産性・高品質・高精度のヒートシールを実現。
【アンプルカット】
  • 簡単に開封でき、注ぎ出しがスムーズな新型液体小袋包装。ユニバーサルデザインに配慮して設計されており、ストレスを感じることなく使用可能。
【PID】
  • 逆止機能を持つフィルム弁を備えており、繰り返し注いでも空気が入らない。空気による酸化、褐変から中身の液体を守り、微生物の侵入を軽減。また500mlペットボトルの約1/3の減量化を達成。2重袋構造で、残量が少なくなっても自立が可能。大手醤油メーカーに本品が採用され、ヒット商品となった。

企業の将来像

  • 当社のビジネスモデルは
    ①市場の求める物を調査
    ②研究開発によって具現化
    ③ファブレスによって商品を作り出す
    というもの。
  • これまでも、社外の協力の下で事業を進めてきたが、次世代の液体容器としてPIDを普及させていくためにも、オープンイノベーションの理念を基に、アジアを中心とした海外展開を検討していく。

新事業・新商品開発可能性※システム・インテグレーション株式会社の監修による。

いま見えている姿■ 飲食料品製造業/産業用機械製造業/プラスチック,フィルム・シート製造業:自動充てん機/液体食品包装品/醤油逆止弁付包装品 さらなる広がり■ 洗剤、油脂加工、塗料製造業/香料、化粧品製造業/飲食料品製造業:高性能接着剤,2液混合硬化型の接着剤を二重包装して吐出時に混合する接着剤/使い切る化粧品,簡単に開封できる包装容器に入れる各種化粧品/使い切り発泡材,開封すると2液が混合して発泡する充填用発泡材/メカ式手押しディスペンサ,ラチェット機構で吐出量をコントロールできるようにする、1回押すごとに定量が吐出できるディスペンサ 医薬品製造業:外気を遮断する包装容器

知的財産(主な特許・ノウハウ・ライセンスなど)

特許出願中・特許
  • 飲食品用液体注出ノズルの製造方法(特許第4545187号)
  • 液体注出ノズルを有する包装袋(特許第4394729号)
  • 逆止機能ノズルを備えるフレキシブル包装袋および液状物充填包装
    構造体(特許第4441575号)
  • 液状物充填包装構造体(特許第5326083号)(特許第5540232号)
    他国内特許26件
  • Liquid Spouting Nozzle, Packaging Bag Using The Nozzle, Box For Packaging Bag, and Packaging Structure(米国)登録番号:8,418,884
  • Package Provided with Liquid Pouring Nozzle(EPC)登録番号2289814
  • 液体注出ノズルを有する包装袋(韓国)登録番号10-124515
  • 逆止形注出ノズルの取付装置(中国)特許番号:Z201080037401.4

他外国特許27件

表彰・受賞歴
  • ジャパンベンチャーアワード2010 創業・ベンチャーフォーラム推進委員会委員長賞
  • 第44回グッドカンパニー大賞新技術 事業化推進賞
  • 第13回日食優秀食品資材・素材賞<資材部門>
  • 2013年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 科学技術賞(開発部門)

他多数

印刷はこちら(PDF)