東北圏オンリーワン企業紹介

アヒコファインテック株式会社

高精度な光学ガラス研磨・薄膜加工で世界に選ばれる高精度な品質を提供

外観写真
所在地 山形県新庄市十日町1501-3
設 立 昭和61年4月
資本金 4,000万円
代表者 安彦 宗一郎
従業員 110名
電話番号 0233-23-3714
URL http://ahiko.jp/

企業紹介

  • 光学ガラスの高精細な研磨に不可欠な豊富で質のよい地下水に恵まれた新庄市に設立。高品位な製品作りを行っている。
  • カメラやプロジェクターなど光学機器の内部に使用されるガラス製品を、日本国内の企業でも数社しかできない高精密度で製造する技術を有する。
  • 材料から形状加工・研磨加工・切断加工・蒸着加工まで一貫生産が可能で、研磨加工では4インチφ厚さ0.15mmのガラスの加工が可能。
  • 薄膜加工では材料を蒸気にして密着させる真空蒸着成膜とプラズマ状態で放電させて密着させるスパッタ成膜を得意としている。

事業・商品の概要

光学フィルタ 真空蒸着炉 両面研磨機
【研磨加工】
  • 大型の両面研磨機を備え、加工可能サイズは4mm角~400mm角、丸は直径5mm~600mm、厚さは0.2mm以上の材料の研磨が可能。
  • 偏光フィルムを挟みこんで、高級サングラス等に使用する非常に薄いガラスレンズの研磨加工も手がける。
【薄膜加工】
  • ガラスに成膜をすることで、100%近く光を透過させることが可能となるほか、赤外線や紫外線のカットなども可能となる。

企業の将来像

  • 当社の経営方針には、「『できる、できる、必ずできる』の精神で、技術を磨き合い、知恵を出し合い、信頼し合い、互いの幸福を目指し、行動する」と謳い、常に社会から求められる集団であり続けることを目標としている。
  • 研磨技術の向上とともに、検査の精度アップにも取り組む。さまざまな加工工程において機械化が進む中、あえて目視による高精度な検査体制を敷き、肉眼で3~5μmまでチェックすることにより高品位を確保。新興国の製品クオリティを凌ぎ、世界から選ばれる品質を提供していく。
  • 法規制や条例の遵守、廃棄物排出量の削減等にも積極的に取り組み、企業理念として地球環境との共生・調和を重要課題の一つとして掲げている。

新事業・新商品開発可能性※システム・インテグレーション株式会社の監修による。

いま見えている姿■ 光学機械器具、レンズ製造業/硝子製品製造業/精密機械,分析機器,理化学機械製造業:精密研磨ガラス/研磨、切断、蒸着加工/スパッタ成膜 さらなる広がり■ 硝子製品製造業/通信機器,信号装置製造業/電子装置、電子部品製造業/測定・測量器具製造業/光学機械器具、レンズ製造業/精密機械,分析機器,理化学機械製造業:光学フィルタで物性試験機,蒸着やスパッタで成膜した光学フィルタで物性を光学的に判定する装置/熱物性検査装置,光学フィルタを用いた熱物性検査装置/水素センサー,波長を選択的に検知するガスセンサー 4インチφ 3~5μm

知的財産(主な特許・ノウハウ・ライセンスなど)

資格・認定等
  • ISO9001、ISO14001取得

印刷はこちら(PDF)