東北圏オンリーワン企業紹介

株式会社鈴木製作所

ミシンと横型ピロー包装機で山形から世界を目指す

外観写真
所在地 山形県山形市嶋南一丁目12-7
設 立 昭和28年7月
資本金 6,500万円
代表者 鈴木 重幸
従業員 113名
電話番号 023-684-0843
URL http://www.suzuki-ss.co.jp/

企業紹介

  • 「ベビーロック」ブランドで展開する家庭用高級小型ロックミシン(生地の裁断とほつれ止め縫いを行うミシン)市場で世界トップクラスのシェアを誇る。
  • それまで工業用の大型機しかなかったロックミシンを自動化、小型化し簡易な操作で扱えるようにすることで、家庭用の市場を開拓した。
  • また、ロックミシン開発で培った高い技術力を基礎として、手縫い風の縫い目が再現できる刺し子ミシンの開発や、工業分野ではボタンホールの加工ができる、鳩目穴かがりミシン、食品や工業製品などを個包装する横型ピロー包装機の製造を手がけている。

事業・商品の概要

小型ロックミシン 横型ピロー包装機
【家庭用ミシン】
  • 小型ロックミシン
    小型ロックミシンは、糸調子の自動調整機能や空気を使った糸通しの自動化など家庭で簡単に使えるさまざまな工夫がなされている。
  • 刺し子ミシン
    2009年に山形エクセレントデザイン大賞を受賞した「SASHIKO」は、1本だけの糸で縫うことで手縫の風合いを再現することを可能とした。刺し子やパッチワーク・キルト等の愛好家向けの製品。
【横型ピロー包装機】
  • ロックミシンで培った独創的な発想力、技術力を生かし1977年より、横型ピロー包装機を製造開始。現在ではあらゆる包装形態に対応している。
  • 東北では唯一の製造元で、東北・北海道はもとより全国各地及び海外でも使用されている。

企業の将来像

  • 当社の将来像はユーザーにマッチした世の中にない独創的な商品を開発しつづける開発型企業になること、日々のものづくりを通して、技術・人間性を向上させ、世界に通用する革新的な技術集団をつくることである。
  • 家庭用及び工業用ミシン・包装機は大手メーカーも多く厳しい市場だが、まだまだ隙間の市場がある。そこで大手ができない商品を作り、技術や商品に関する特許を取得し、山形の地から世界に向けて発信し続け、特許を活用した新たな市場を確立していきたい。

新事業・新商品開発可能性※システム・インテグレーション株式会社の監修による。

いま見えている姿■ 金属部品、製品、工具製造業/産業用機械製造業/電気機械器具製造業/プラント製造業:小型ロックミシン/刺し子ミシン/横型ピロー包装機 さらなる広がり■ 家具、装備品製造業/福祉機械器具製造業/プラスチックフィルム・シート製造業/電気機械器具製造業/通信機器、信号装置製造業/電子装置、電子部品製造業/玩具、楽器、スポーツ用具/事務用品、装身具製造業/生活雑貨製造業/看板、標識製造業:発電服の縫製ミシン,圧電繊維やフィルムを縫製するミシン/発電刺し子衣服,圧電繊維を刺し子上に縫い込む衣服,装着して動くと発電する

知的財産(主な特許・ノウハウ・ライセンスなど)

特許等
  • 1本糸錠縫化ハンドステッチミシン(特許第5481624号)
  • 偏平縫いミシン(特許第4995447号)
  • ミシンの気体搬送糸通し装置(特許第4741701号)
  • ミシンの縫目形成装置(特許第4355737号)
  • 三方シールフイルム包装機(特許第4620787号)
  • ボタン穴がかりミシン(特許第4057398号)

他、登録特許275件、実用新案54件、意匠27件、商標15件

表彰・受賞歴
  • グッドデザイン商品選定証Gマーク(1994年:通商産業大臣)
  • 日本発明振興協会「発明大賞」(1996年)
  • 注目発明選定証(1997年:国務大臣科学技術庁長官)
  • 知財功労賞(2002年:特許庁長官)
  • 山形県産業賞(2004年)
  • 経済産業省中小企業庁「元気なモノ作り中小企業300社」(2006年)
  • 経済産業省特許庁「産業財産権の活用企業百選」(2006年)
  • 山形デザインコンペティション実行委員会「山形エクセレントデザイン大賞」(2009年)
  • 東北地方発明表彰「中小企業庁長官奨励賞」(2010年)

印刷はこちら(PDF)