東北圏オンリーワン企業紹介

株式会社秋田研磨工業

国内唯一、スマートフォン用サファイアガラスの加工ノウハウを保有

外観写真
所在地 秋田県湯沢市相川字街道西15-5
設 立 昭和60年5月
資本金 3,000万円
代表者 阿部 忠雄
従業員 27名
電話番号 0183-79-2001
URL http://www.yutopia.or.jp/~kenma/

企業紹介

  • 時計用サファイアカバーガラス、プロジェクターサファイア基板ガラスなどの難削材の研磨加工を主力とする。時計用サファイアカバーガラスは、月産80万個の生産実績がある。
  • 2013年度から高級スマートフォン用サファイアガラスの開発を進め、量産化に成功。国内で唯一携帯用スマートフォンサファイアガラス加工のノウハウを有する。
  • 生産歩留りが99.9%以上、数十年間納期遅れゼロの実績を誇る。

事業・商品の概要

時計用ドーム型サファイアカバー/時計用ルビーリング/宝石のペン先
【難削材加工】
  • 時計用サファイアガラスで、2,000種以上の加工実績をはじめとして、プロジェクター用サファイア研磨、LED向けサファイアの研磨及び面取りなどの豊富な実績がある。
  • これらの加工実績を生かし、ルビーの研磨加工に成功。カシオG-SHOCKの最高級シリーズの特別仕様モデルのパーツとして当社加工のルビーリングが採用された。
  • 銅、錫による結晶母材の研磨を得意とする。
【スマートフォン用サファイアカバーガラス】
  • スマートフォン、タブレット端末等のサファイアカバーガラスの研磨技術を確立。120mm×60mmサイズで月産6万個の生産が可能。

企業の将来像

  • 当社は「すぐやる。必ずやる。絶対やる。」をモットーとして、サファイアガラスなど難削材の加工等の高付加価値の事業に特化してきた。
  • 今後も世界のどの会社にもできない加工に挑戦し続け、スマートフォン用サファイアガラス、認証用サファイアガラス等需要の伸びが期待される分野に注力していくとともに、地元の伝統産業とのコラボレーションによる共存共栄を目指し、文具などの開発も進めていく。

新事業・新商品開発可能性※システム・インテグレーション株式会社の監修による。

いま見えている姿■ 精密機械 分析機器 理化学機械製造業/硝子製品製造業/時計用サファイアカバーガラス、プロジェクターサファイア基板ガラスなどの難削材の研磨加工: 国内唯一の、高級スマートフォン用サファイアガラス加工のノウハウを有する さらなる広がり■ 機械部品(バルブ、軸受、ネジ等)製造業/硝子製品製造業/事務用品、 装身具製造業/光学機械器具、レンズ製造業/生活雑貨製造業:超精密軸受 サファイアを軸受構造に加工した超低フリクション軸受:オイレスエアダンパー 超低フリクション部材で構成するエアダンパー:炭素繊維ガイドリング 硬い炭素繊維などをハンドリングするガイド機構:メモリアルレンズ 故人や恋人が使ったメガネレンズを加工してつくる、装飾ペンダントやリング

知的財産(主な特許・ノウハウ・ライセンスなど)

特許出願中・特許
  • 腕時計用カバーガラス(特開2015-072146)
  • 万年筆のペン先(特許第5952866号)
商標
  • KEMMA(登録第5780012号)
表彰・受賞歴
  • 秋田経済研究所 中小企業振興表彰(1996年度)

印刷はこちら(PDF)