東北圏オンリーワン企業紹介

株式会社ブルーマウステクノロジー

電力線通信を用いた制御・監視システムで電力使用量の可視化と省エネを実現

外観写真
所在地 青森県弘前市早稲田二丁目3番地18ブランシェ・エディフィス101
設 立 平成14年4月
資本金 8,150万円
代表者 三浦 武
従業員 4名
電話番号 0172-55-0160
URL http://www.ozupad.com/

企業紹介

  • IT関連の技術コンサルティングを主たる業務に設立。
  • 2008年、独自のコンピュータ入力デバイスである空間親指マウスOZUPADを、2010年にはワイヤレスのOZUPAD-AIRを開発・販売。
  • 一方、大手ICメーカーと低速電力線通信(PLC)のアプリケーションを開発。PLC用ICを応用し、機器組込用のPLCモジュールと通信の信頼性を高めるためのミドルウエア開発に取り組む。
  • 現在の主力事業は、PLCを使った製品(OZUPLC)の開発・製造・販売と、その製品を使うためのAPI(アプリケーションプログラミングインターフェイス)の開発及びサポート。
  • 生産設備、在庫は保有せず、製造は主に台湾の企業に委託。

事業・商品の概要

OZUPAD-AIR 照明調光システムを導入した弘前市役所庁舎
【OZUPAD・OZUPAD-AIR】
  • プレゼンテーション用のポインターとPC用のコントローラを複合したもので、空間上で片手操作が可能。また、モードスイッチを切り替えることで、携帯ジョイスティックとしても使える。
【OZUPLC】
  • イスラエルの企業が特許を持つ、ノイズに強いDCSK変調方式を採用し、同社が開発した低速PLCモジュールを用いた配線工事不要の制御・監視技術。通信速度は最大7.5kbpsで搬送周波数が低く、屋内外で使えて信号到達距離も長い。照明制御、スマート電力メータ、セキュリティー、エネルギー管理等への応用が可能。
[導入例]
  • LED照明調光システム
  • 太陽光パネル監視システム
  • 電力デマンド自動制御システム

企業の将来像

  • 電力線通信を使ったビジネスの拡大に向け、東京、名古屋、大阪など国内他地域のほか、アジア、北米への展開をめざす。
  • また、電力や水道の使用量など建物の各種データにもとづく、電力線通信とクラウドを組合わせた家庭内エネルギー管理システム(HEMS)の導入を推進し、省エネと居住快適性、さらには地域分散型エネルギー供給システムの実現に取り組む。

新事業・新商品開発可能性※システム・インテグレーション株式会社の監修による。

いま見えている姿■ 電気機械器具製造業/通信機器、信号装置製造業:電力線通信によるエネルギー管理・制御装置等の開発/照明器具の制御装置およびシステム/文字認識装置/家電用無線アクセサリ製作さらなる広がり■ 通信機器、信号装置製造業/電子装置、電子部品製造業/電気製品遠隔操作システム
電力線通信で電気製品を遠隔でスイッチング出来るシステム:電気機械器具製造業/情報処理ソフトウェア業/:月ぎめ電気料金システム予め決めた電気料金内でまかなう、事業所や家庭のデマンド電気料金管理システム。電気代を決めた価格内に収めることが出来る:福祉機械器具製造業/完全見守りシステム独居老人や高齢者の住居の各部屋に備えた、高性能人感センサーを電力線通信で管理する。居場所や移動、安否確認まで分るシステム:危機管理(防災)セキュリティ業/機械警備通信システム警備保障会社が運営する機械警備装置管理を電力線通信で行う:

知的財産(主な特許・ノウハウ・ライセンスなど)

特許
  • 電力線通信装置(特許第5511880号)
商標
  • ozupad(登録第5220684号)
  • OZUPLC\Lighting through the Power(登録第5611089号)
資格・認定等
  • PLC通信/調光装置「OZUPLC」
    青森県「レッツBUYあおもり新商品事業」認定商品
    総務省型式認定 型式名:PLC_MAIN_3.1 指定番号:第IH-12002号

印刷はこちら(PDF)

関連リンク