東北圏オンリーワン企業紹介

ブナコ株式会社

エコロジカルな木工技術を世界に発信

外観写真
所在地 青森県弘前市豊原1-5-4
設 立 昭和38年9月
資本金 2,100万円
代表者 倉田 昌直
従業員 25名
電話番号 0172-34-8715
URL http://www.bunaco.co.jp/

企業紹介

  • 日本一の蓄積量を誇る青森県のブナの木を有効利用するために開発された独自のブナ薄板積層技術による木工製品を製作。
  • 原材料から加工まで自社で一貫生産し、すべての工程は熟練した職人による手作り。
  • これまで手掛けてきた食器のみならず、新たに照明やインテリア製品も生み出し、数々のデザイン賞を獲得。木をくり抜いて作るよりも、材料の使用量や廃材の量が格段に抑えられるエコ製法も注目を浴びている。

事業・商品の概要

テーブルウエア 照明(BUNACOLAMP) スピーカー(Faggio)
【BUNACO】

厚さ1mmほどの薄いテープ状に加工したブナ材をコイル状に巻いて成型するという、世界的にみても類のない木材資源をムダにしないエコロジーなブナ薄板積層技術による木工製品。

【主な商品】
  • 木工品テーブルウェア(盆・盛鉢など)
  • 照明(BUNACOLAMP)…ブナ材の特徴である弾力性と薄板の透過性を活かしてインテリア性を持たせた。デザイン性だけでなく、ブナの自然な赤みを帯びた光が気持ちを和らげる。
  • インテリアグッズ(ティッシュボックス・ダストボックスなど)
  • スピーカー(Faggio)…音楽やデザインの専門家を含む開発チームにより、巻きによる柔らかい曲線のフォルムを実現。

企業の将来像

  • 一流ホテルでの商品採用や、有名ショップとのコラボレーション、特注品への対応などを経て、「作り手も技術に対するプライドを持ち、商品に向き合い、またいいモノを作ろうとする」という好循環を生んできた。
  • 今後も、廃棄木材ゼロを目指す信念を持ち続けながら、独自のブナ薄板積層技術をフル活用し、エコ意識の高い海外富裕層及び国内マーケットに向けた、エコロジカルな木工製品を供給していく。

新事業・新商品開発可能性※システム・インテグレーション株式会社の監修による。

いま見えている姿■ 木材・木製品製造業/住宅資材製造業/家具、装備品製造業/生活・文化,活動支援サービス業:薄板積層木材による加工品,ブナ薄板積層技術による、テーブルウェア、照明器具,スピーカーシステム さらなる広がり■ 木材・木製品製造業/生活・文化,活動支援サービス業/生活雑貨製造業/鉄素形材(鍛鋼、鍛工品、鋳鋼)製造業:ブナ超薄板の木型で作る超薄板鋳鉄,木型をブナ超薄板で造り、通常の木型では出来ないデザインを特長とする超薄板鋳鉄造形品/デザイン鍋、食器,木型をブナ超薄板で造り、通常の木型では出来ない斬新なデザインを特長とする超薄板鋳鉄製鍋や食器/デザインシンク(流し台),木型をブナ超薄板で造り、通常の木型では出来ない斬新なデザインを特長とする超薄板鋳鉄製シンク/表面をメッキするブナ超薄板積層製品,ブナ製の製品の表面に無電解メッキを施す新感覚のデザインを特徴とする造形品

知的財産(主な特許・ノウハウ・ライセンスなど)

表彰・受賞歴
  • 「北日本中小企業振興展」通産大臣賞(1966年)
  • 全国発明表彰実施賞(1967年)
  • 「日本クラフトコンペ・京都」グランプリ 講談社賞(1978年)
  • 英国ホームズ&ガーデンズ誌のクラシックデザイン賞(2008年)
  • 青森ブナを使った食器群 グッドデザイン賞 グッドデザイン・ロングライフデザイン賞(2012年)

印刷はこちら(PDF)