東北圏オンリーワン企業紹介

東和電機工業株式会社

制御配電システムの技術力で日本初の光センサー糖度計を開発

外観写真
所在地 青森県南津軽郡藤崎町大字榊字和田88番地1
設 立 昭和48年6月
資本金 1億円
代表者 榊 美樹
従業員 370名
電話番号 0172-69-5111
URL http://www.towagp.co.jp/

企業紹介

  • 電気工事業として創業、青森の町づくり事業に電設資材を供給することで発展を遂げてきた。
  • 経営理念は、顧客第一。顧客に満足していただける製品を提供し、広く社会に貢献するとともに、事業の繁栄を企図している。
  • 現在の主力商品は、インテリジェントビルやオートメーション化が進む大規模工場で使用される配電盤・監視盤などの制御配電システム機器。東京都庁、東京ビッグサイト、埼玉スタジアムなどへの納品実績があり、関東圏からの受注高が70~80%を超える。
  • 1999年、日本で初めて、果実を傷つけることなく糖度を測定できる光センサー糖度計「アマミール」を開発、販売した。

事業・商品の概要

監視盤 アマミール
【電気機械器具】
  • 監視盤…ビル管理システム、プラント制御システム等
  • 高低圧配電盤…認定キュービクル、標準キュービクル等
  • 制御盤…デスク形、ベンチ形、コントロールセンター等
  • 操作盤…壁掛形、自立形、防水形
  • 分電盤…壁掛形、埋込形、自立形
【光センサー装置・測定器具】
  • アマミール…果実を傷つけることなく、樹に実ったままの果実の糖度を簡単に測定。りんごをはじめ、桃やナシなど色々な果物にも対応。
  • ウッドスキャン…専門知識が無くても、廃木材中の有害物質の有無の判断が可能。
  • 血糖値測定装置…採血せずに、簡単・安全に血糖値の測定が可能。

企業の将来像

  • 新たな制御配電システムの開発のほかにも光デバイスや環境プラントなどの分野で積極的に製品開発を進めるなど、新たな可能性に挑戦し、あらゆるソリューションを追究していく。
  • 今後、6次産業のブランド構築への貢献を図りながら、アマミール、ウッドスキャン、植物工場用LED移動照明装置、魚の脂肪量測定装置の研究開発・販売拡大を行っていく。

新事業・新商品開発可能性※システム・インテグレーション株式会社の監修による。

いま見えている姿■ 電気機械器具製造業:制御配電システム機器,配電盤・分電盤・監視盤,操作盤・制御盤など 精密機械,分析機器,理化学機械製造業/測定機、分析機器、試験機製造業:果実用糖度計,傷を付けずに測れる「アマミール」/木材の有害物質測定,非破壊で測定できるウッドスキャン さらなる広がり■ 通信機器、信号装置製造業/電子装置、電子部品製造業/情報処理,ソフトウェア業/広告業/看板、標識製造業/生活・文化活動支援サービス業:飲食店のデジタルサイネージ化事業,飲食店の看板やメニュー、受発注システムをデジタルサイネージ化し、飲食店の業態をフリーにする事業,午前中は喫茶店、昼はそば・うどん、夜は居酒屋と、一日に何種類も営業する飲食店をデジタルサイネージで提供/オンデマンドレストラン,飲食店の飲食物や什器備品、従業員の就業情報まですべて情報管理し、オーナーの意向によって必要なものを提供する、一括、一覧情報検索システム/ハイブリット券売機,飲食店の自動券売機をタッチパネル画像で表示し、紙(チケット)を発行する券売機において、あらゆる業態のデータを送信して表示内容を更新できる、飲食物ハイブリット表示券売機

知的財産(主な特許・ノウハウ・ライセンスなど)

特許(権利消滅)
  • 分光器(特許第3056460号)
  • 光センサ装置(特許第3056459号、特許第3056458号)
表彰・受賞歴
  • 第12回中小企業優秀新技術・新製品賞(技術・製品部門)優良賞

印刷はこちら(PDF)