東北圏オンリーワン企業紹介

株式会社吉城光科学

超精密ガラス部品を切断~研磨~蒸着まで社内一貫処理により提供

外観写真
所在地 福島県須賀川市横山町119番地
設 立 昭和44年7月
資本金 4,450万円
代表者 吉田 尚正
従業員 100名
電話番号 0248-75-1890
URL http://www.kishiro.co.jp/index.html

企業紹介

  • 複写機やスキャナー用反射ミラー、DVD・ブルーレイディスクのピックアップ部品など、OA機器には欠かせない超精密ガラス部品の加工を手がける。
  • 特にコピー機用反射ミラーはほぼすべての国内メーカーに納品している主力製品。アイテム数は300種類にもおよび、世界シェアの約60%を占める。
  • 香港に現地法人を開設しているほか、広東省東莞市、上海、ベトナムに工場を所有し、現地での生産も積極的に進めている。

事業・商品の概要

事業・商品の概要のイメージ
【超精密ガラス部品】

切断・研磨・蒸着・検査の工程を自社で一貫処理することで、多種多様な形状の部品に対応。また表面のコーティングについても自社で手がけるため、光学フィルターなど光の透過レベルを自在に調整、顧客のニーズに即応することができる。

【UHRミラー】

低コスト化と環境負荷減の両面から研究を進め、アルミニウムをベースとする反射率99%の超高反射ミラー(UHR)を開発。コピー機等の部品として採用されている。

企業の将来像

  • 今後も大手が参入しないニッチな新規分野で、これまで蓄積してきた技術の延長線上にある製品の開発を目指す。
  • 新たに射出成型機を導入し、ガラス製品をプラスチック部品と組み合わせユニットとして納品できる体制を構築する。
  • 今後の成長が見込める医療機器分野に関しては、カテーテルのバルーンに金、白金を生成する薄膜スパッタ技術を大学等と共同研究するなど、次代へ研究開発投資を行っていく。
  • また、自動車関連としてフロントウインドーの一部に情報を投影するヘッドアップディスプレー用のガラスの開発を進める。

新事業・新商品開発可能性※システム・インテグレーション株式会社の監修による。

いま見えている姿■ 硝子製品製造業/光学機械器具、レンズ製造業/精密機械分析機器理化学機械製造業:光学用ミラーを始めとする超精密ガラス部品の製造 さらなる広がり■ 硝子製品製造業/測定機、分析機器、試験機製造業/電子装置、電子部品製造業:光学式ガスセンサー異なる光学フィルターを組み合わせたガスセンサー/光干渉式ガス濃度計光の干渉縞を利用したガス濃度計/光学式超微小変位計金属やセラミックワークの超微小変位を光の干渉縞で計測/光圧力センサー超微小圧力変化を薄膜ミラーの撓み量で計測する光圧力センサー

知的財産(主な特許・ノウハウ・ライセンスなど)

特許
  • 保持治具、薄膜形成装置、及び薄膜形成方法(特許第5031512号)/株式会社リコーとの共有
  • ミラー、光操作装置及び画像形成装置(特許第5142372号)/株式会社リコーとの共有
  • 収容ケース(特許第5203671号)/株式会社リコーとの共有
表彰・受賞歴
  • 経済産業省中小企業庁「モノ作り中小企業300社」(2003年)
  • 公益社団法人中小企業研究センター「グッドカンパニー大賞」(2010年)

印刷はこちら(PDF)

関連リンク