東北圏オンリーワン企業紹介

岩機ダイカスト工業株式会社

顧客第一でダイカストの理想を追求

外観写真
所在地 宮城県亘理郡山元町鷲足字山崎51-2
設 立 昭和44年9月
資本金 2億円
代表者 鎌田 充志
従業員 297名
電話番号 0223-37-3322
URL http://iwakidc.co.jp/

企業紹介

  • 第一線の設計技術者がダイカスト(各種部品製造)のプロとして、直接顧客の要望を聞き、より効率的でコストダウン可能な最適形状を提案。全ての工程を社内で行う一貫生産体制で、より良い製品をより安く提供。社員の4分の1以上が国家資格のダイカスト技能士。
  • 鉄・ステンレス系の材料を使用し、従来の加工法では困難な三次元複雑形状部品を、高精度・高密度で量産可能にする最新技術=MIM(Metal Injection Molding、金属粉末射出成形法)を有する。

事業・商品の概要

アルミダイカスト 半凝固ダイカスト MIM
【アルミダイカスト】
  • 独自製法で表面がきれい。車載部品、事務機部品、汎用部品など幅広い用途に対応。
【超高速精密亜鉛ダイカスト】
  • 独自開発の全自動超高速精密鋳造機による低価格・高品質・大量の部品製造。
【半凝固ダイカスト】
  • 溶かしたアルミを半凝固状態で鋳造することにより鍛造並みの性能を実現。
【MIM(製品総称:モルダロイ)】
  • 高精度(0.5%以下)、高密度(相対密度95%以上)、高展延性(曲げ加工容易)のほか、表面が滑らかでメッキ等が容易。連続式焼結炉により高品質・低コスト。異なる性質の粉末を混ぜ合わせ、新しい性質を持つ部品を作ることができる。

企業の将来像

  • 主力のダイカストとともに、MIMを第2の柱として育てていく。
  • 従来ダイカスト製品が用いられていなかった分野において、半凝固ダイカスト製品への切り替えを提案し、市場を拡げていく。

新事業・新商品開発可能性※システム・インテグレーション株式会社の監修による。

いま見えている姿■ 非鉄金属素形材(鋳物、ダイカスト)製造業:ダイカスト,すべての工程を社内で行う一貫生産方式 金属部品、製品、工具製造業:金属粉末射出成形複雑形状を精密に量産 さらなる広がり■ 自動車部分品、付属品製造業:自動車の足回り部品,従来は鉄など他の材料が担っていた部品を半凝固ダイカストで製造する 住宅資材製造業:住宅用接合部材,モジュール化された住宅資材の接合部材をダイカストでつくる 情報処理,ソフトウェア業/機械部品(バルブ、軸受、ネジ等)製造業:3Dプリンターラボ,試作品や小ロット製品を3Dプリンターで作る超短納期ものづくり,業務用も個人も受け付けるシステム

知的財産(主な特許・ノウハウ・ライセンスなど)

ノウハウなど
  • 半凝固ダイカスト法による鋳巣(空洞欠陥)の少ない製法の実現。
  • 独自の鋳造方案によるダウンサイジングでコスト削減の実現。
受賞歴
  • 経済産業省中小企業庁「元気なモノ作り中小企業300社」(2007年)
  • 「第2回七十七ビジネス大賞」受賞(1999年度)
  • 日刊工業新聞「第19回中堅・中小企業優秀経営者顕彰」地域社会貢献者賞受賞(2001年度)

印刷はこちら(PDF)

関連リンク