東北圏オンリーワン企業紹介

株式会社宮城化成

不燃透明複合材でFRPの未来を拓く

外観写真
所在地 宮城県栗原市一迫北沢半金沢15-4
設 立 昭和62年6月
資本金 2,000万円
代表者 小山 昭彦
従業員 46名
電話番号 0228-52-3931
URL http://www.miyagi-kasei.co.jp/

企業紹介

  • FRP(強化プラスチック)製品の製造・販売、関連事業としての工事受託、仮設資材のレンタルなど、FRP技術の応用事業を幅広く手掛ける。
  • FRP製品の製造では、設計・開発から試作・量産まで手掛け、各種の成形法により、自動車部品、機械カバー、遊具、業務用タンクなど各種FRP製パネルの成形加工を行う。
  • 産業技術総合研究所と共同で、プラスチックの不燃性、透明性を向上した「不燃透明複合材(EXVIEW)」を開発。鉄道車両の照明カバーなどへの利用が有望視されている。

事業・商品の概要

自動車用部品 照明カバー(EXVIEW)
【FRP(強化プラスチック)製品の製造・販売】
  • 自動車の外装パネル/内装パネル、トラック用エアデフレクター、キャンピングカーボディ、医療器具用カバー、機械カバー、遊具、業務用タンク、照明カバー(EXVIEW)、その他FRP製品全般
【建築資材のレンタル・販売】
  • 仮設トイレ、仮設ハウス、シャワーハウス、イベント用品、足場、備品類
【建築関連工事】
  • 防水工事、ライニング工事、シーリング工事、断熱工事、防蟻工事、外壁工事、その他

企業の将来像

  • 「戦略的基盤技術高度化支援事業(サポイン)」を活用し、産総研との共同研究で商品化した“不燃透明複合材「EXVIEW」”のマーケティング活動に力を入れ、各分野に応用展開していく。
  • サポイン事業で得られたコンポジット材料の難燃化(不燃化)技術をさらに発展、進化させ、新たな製品開発を進めていく。
  • 多種多様の業務でネットワークを広げ、価値ある商品作りとサービスの提供を行い、社会と人々に貢献出来る企業を目指すと共に、自分たちの能力の向上と人格の向上を目指す。

新事業・新商品開発可能性※システム・インテグレーション株式会社の監修による。

いま見えている姿■ プラスチック部品、製品製造業/プラスチックフィルム・シート製造業/強化プラスチック製品製造業:FRP製品の製造販売/不燃透明複合材開発 建築工事業/リース、レンタル業:建築工事/建築資材のレンタル さらなる広がり■ プラスチック部品、製品製造業/ボイラ、原動機製造業:耐熱監視窓,不燃透光性プラスチックを用いた耐熱監視用窓,焼却炉や燃焼室などを覗き見る監視用窓/透明断熱パネル,熱源から作業者を断熱する,不燃透光性プラスチックを用いて二重構造にして、空間をつくり断熱する/貨物自動車の天窓,不燃透光性プラスチックを利用した荷室の天窓/鉄道車両のトイレ窓,新幹線車両などのトイレ用窓,不燃性が求められる部位に利用する/車両用サニタリーボックス,不燃が必須の車両用トイレの汚物入れを透光性にして残量が見えるようにする 危機管理(防災)セキュリティ業:消防用資機材,消防士のヘルメットに装着する耐熱グラス,不燃透光性プラスチックを用いて構成する 電気、水道、ガス業:熱発電装置,不燃透光性プラスチックを用いて、熱発電素子を担持する発電装置熱源があれば発電するので、透光断熱材として使う 電気機械器具製造業/サニタリー製品製造業:光触媒消臭装置,太陽光を透過させて、光触媒を活性化させる構造の消臭装置排ガスや燃焼ガスの悪臭を分解する装置

知的財産(主な特許・ノウハウ・ライセンスなど)

認証取得
  • ISO9001
  • ISO14001
特許
  • 透明不燃材及びその製造方法(特許第5589227号)
商標
  • エクスビュー(第5806146号)
  • EXVIEW(第5806147号)
開発成果
  • 不燃認定取得/日本鉄道車両機械技術協会(LED照明カバー)

印刷はこちら(PDF)

関連リンク